読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KZKY memo

自分用メモ.

怒涛のAkka: General

akka actor

akka generalのまとめ,重要だと思った箇所のみ抜粋している.

Actor Sytem

  • ActorSystem(Actorを作るobject)は,threadをたくさん使い,heavyweight stuructureなので,1つのロジカルアプリケーションに1つつくること.
  • Hierachical Structure
    • 親acotrが子actorを監視する.子actorのエラーハンドリングは親actorが行う
    • リクエストにも依るが,リクエスト毎に子アクターを作ることがいい場合もある,そうすることで,状態のマネジメントが楽になる場合がある.これは"Error Kernel Pattern"と呼ばれている

Best Practice

  • event-driven manner, actorはblockするべきでない(threadを占めるべきでない),e.g., lock, network socket
  • actors間でmutableなobjectを受け渡すべきでない
  • actorは状態と行動の入れもの.行動を受け渡さいこと
  • actorは,階層システムだということをを頭に入れておいて,エラーハンドリングをすること.gurdian actorへ負荷をあまりかけないようにすること.

Blocking Needs Careful Management

  • blockin callは,適切なサイズなthread poolを持つactor or routerで行うこと.
  • blockin callはFutureを使う.ただし,その際には,上限を持つthread poolを与えること.
  • blocking resourceの集合を管理するために1 threadを当てること(manage用の親アクターを作るということか?)
  • DB関連の典型例は,routerを作って,そこで作成されるactor毎にDB connectionをもたせる.

What is an Actor?

  • Actorは,状態,行動,1つのメールボックス,子供,監視ストラテジーをもつコンテナ
  • Actor Refercenにカプセル化されれている

What Supervision Means

supervisorはfailure時に4つの選択がある

  • resume: 子actorの状態を保って再開
  • restart: 子actorの状態をクリアして再開
  • stop: 子actorを止める
  • escalate: 自分もfailureとて,親へエスカレーションする

The Top-Level Supervisors

ActorSystemを作ると3つのアクターができる

  • root guardian: root actor. top-level actor.
  • system guardian: system actor. user guardianを監視している
  • user guardian: user actor. system.actorOf()で作成されたacotrはこのactorの下にできる. e.g., /user/${actorname}.

What Restarting Means

Restartのシークエンス
1. actorを一時停止,子actorも一時停止
2. old instance (actor)のpreRestart hookを呼ぶ .defaultでは子供にterminationメッセージを読んでpostStopを呼ぶ
3. すべての子供が止まるまで待つ.これはnon-blocking.
4. 新しいactorを作る
5. 新しいactorでpostStartを呼ぶ(defaultだとpreStartも呼ぶ)
6. 3でkilledでない子供には,restart requestを送る
7. resume actro

One-For-One Strategy vs. All-For-One Strategy

Supervision Strategyには2通りある

  • OneForOneStrategy: 子供のfailureで兄弟をもfailure扱いされない.Default.
  • AllForOneStrategy: 子供のfailureで兄弟をもfailure扱い.子供に強い結びつきがある時に使用する.

Actor References, Paths and Addresses

  • ここをみる
  • actor.context.self.pathという階層構造になっていて,ざっくり
    • actor.context: conext
    • actor.context.self: actorRef
    • actor.context.parent: actorRef
    • actor.context.children: actorRef
    • actor.context.self.path: path

What is an Actor Reference?

  • Purely local: networkingをサポートしないactorSystemで使われる.
  • Local actor references: networkingをサポートするactorSystemで使われるが,同じJVM内の場合.
  • There is a subtype of local actor references which is used for routers: 論理構造はlocal actore referenceと同じだが,routerに使用される
  • Remote actor references: remote JVMへメッセージを送るのに使用される
  • その他
    • PromiseActorRef: askの時にメッセージを受け取る際のpromiseの特別な表現
    • DeadLetterActorRef: Dead Letters Serviceのdefault実装
    • EmptyLocalActorRef: DeadLetterActorRefと同じだが,pathを持っている

What is an Actor Path?

  • Logical Actor Paths: networkのtraverを含むパス
  • Physical Actor Paths: networkのtraverを含まないパス

How are Actor References obtained?

  • ActorSystem.actorSelectionで,Actor Referencesのlookupができる
  • seletion時に,wildcardが使えるが,single ActorSystem.actorSelectionが返ってくるわけではなく,Actor Refから呼べる関数がすべて呼べるわけではないので注意.

The Interplay with Remote Deployment

  • このをみる
  • context.parent (phycical path)とcontext.path.parent (logical path)は異なる.

Top-Level Scopes for Actor Paths

  • /user: ActorSystem.actorOf で作成されてたactor
  • /system: systemに作成されたtop-levelのactor, e.g., logging actorとかコンフィグでディプロイされたActor
  • /deadLetters: ストップ or 存在しないactorへのメッセージが送られてくる.on a best-effort basis: messages may be lost even within the local JVMらしい
  • /temp: askとかのリプライを待つactorがここパスの下に置かれる
  • /remote: supervisor (i.e., 親)がremoteにいる場合のactorが置かれるパス

アクターは階層だということに注意.

Peer-to-Peer vs. Client-Server

Actor SystemはPeer-to-Peerだということ

The General Rules

messageを送る(ask, tell)にはルールがある

  • at-most-one-delivery (i.e., no guarantee delivery): actorのよくある実装
  • message ordering per sender-receiver pair: akka独自 (networkの都合でremote actorへのmessages orderが変わることはないのか?)